『東方三月精 〜 Oriental Sacred Place.』 第8話「イクチとナメクジ 後編」   

2010年 02月 28日

c0145162_21250.jpg
コンプエース4月号を買ってきました。
ちなみに3月号は三月精はお休みでした。


月刊コンプエース2010年4月号
『東方三月精 〜 Oriental Sacred Place.』
比良坂真琴
第8話「イクチとナメクジ 後編」



DOLPHINICITY

「比良坂真琴」氏のサイトはこちら。


c0145162_244534.jpg

コンプエースの巻頭のカラーページを見ると、十六夜咲夜のフィギュアを誌上で限定通販するとの情報が載っていました。
なぜ咲夜!?
コンプエースで連載しているのは三月精だし、三月精のフィギュアを作って誌上通販、というのなら普通に納得できるのですが、ここでいきなり咲夜が出てくる理由がよく分かりません。
たしかに三月精には咲夜も出てくるけど、あくまでゲストみたいな扱いであって霊夢や魔理沙のようなレギュラーではないし、ここで咲夜、というのはやはり唐突感が否めないです。

とりあえず次の5月号で情報が載るらしい、ということ以外はまだなにも分かっていません。

あまり東方に力を入れていないコンプエースでわざわざ通販するってことは、比良坂先生がフィギュアの監修してたりするってことなのかな?儚月抄で、TOKIAME氏デザインの魔理沙フィギュアが発売になったように。
私、正直いって比良坂先生についてはあまり知らないほうなのですが(汗)、比良坂先生画の咲夜絵とか見たことあるし、比良坂先生が咲夜を好きだから咲夜が選ばれた、ということなのかな?

私は基本、フィギュアは買わない派ですが、比良坂先生監修とかになって、あまりにも出来がよかったら心動かされるかも……。



三月精8話の感想は下↓に。










感想。

うーん、今回の話はほぼ「ナメクジは蛇を直接食べず、蛇を溶かしてそこから生えたキノコを食べる」ということの説明でいっぱいいっぱいになっていて、それだけで話が終わってしまった感じ。
最後のページのナレーションにある、三妖精たちが大蛇に追いかけ回されるあたりの話をしっかり描写してほしかったなぁ。

冒頭の、やけにハイテンションなサニーとスターが可愛い。サニーはいつもこのぐらい元気だとして、ここまでテンションの高いスターって初めて見るような。元気いっぱいなスターが新鮮で、可愛いです。
どうせならルナもキノコ食べてこのぐらいハイテンションになったところを見てみたかったです。

巻末の作者コメントは、3月26日に三月精第三部の単行本1巻が出る、という感じの宣伝コメントでした。



c0145162_242522.jpg

[PR]

by tohotoho2 | 2010-02-28 02:01

<< 梯屋様の「紅墨の月碧玉の星」 tukai様のサイト「しその天... >>