東方妖々夢対東方緋想天 メルラン・プリズムリバーと比那名居天子の身体が入れ替わった!!   

2010年 11月 22日

東方妖々夢対東方緋想天
メルラン・プリズムリバーと比那名居天子の身体が入れ替わった!!







幻想郷の人間の里ではルナサ・メルラン・リリカのプリズムリバー三姉妹によるコンサートが開かれていた。
そのコンサートも大盛況で終わり、会場では後片付けが行われていた。

「あ、ごめん、私ちょっとだけ抜けるね!」
「ちょっと、どこ行くのよ、メルラン!まだ片付け残ってるわよー!」
「ごめーん!すぐ戻るからー!」

「……今日のメルランの音、いつもとちょっと違ったわね」
「そう?私は別に気にならなかったけど」
「あなたはちょっと気にしなさすぎよ」





メルランが走っていると、建物の影で、手を振る比那名居天子の姿が見えた。

「あ!こっちこっち!」
「時間通りね、それじゃ元に戻りましょうか」

メルランと天子は建物の影に入り、二人はそれぞれ自分で錠剤のようなものを取り出し、口に入れた。
二人の身体は軽く痙攣した後、お互いをみつめて微笑んだ。

「……元に戻ったわね」
「あー、この胸の重さ!自分の身体って感じがするわね」
「けんか売ってるの?」

メルランと天子は身体を入れ替えていた。
メルランはとある男性とデートしたかったが、ちょうどコンサートと重なっていた。
そこで、楽器の扱いも上手い天子が、メルランと入れ替わることを申し出たのだ。


「それにしてもさすが天人さんね、音なんか私とほとんど変わらなかったわ」
「まぁ、伊達に天界で歌って踊っていたわけじゃないのよ、楽器だって一通り習ったからお手の物よ」



「……ん、なんか口の中が苦い……」

天子は思わず口の中のものを吐き出した。

「この白くてドロッとしたもの……ま、まさかメルランあなた!こういうのはやらないでって言ったじゃない!」
「え~、ちょっとお口でしてあげただけよ~処女とかはあげてないから、大丈夫よ」
「なんで処女って知ってるのよ!っていうか、口でするのもダメだってばー!」




完。
[PR]

by tohotoho2 | 2010-11-22 08:11 | 東方入れ替わり小説

<< 東方夜伽話 作品集25 「ライ... 東方夜伽話 作品集25 「五木... >>