東方夜伽話 作品集27 「七星」様 『ラヴユーソーリースマイルプリーズ』   

2010年 11月 25日

東方夜伽話の感想。

作品集27
『ラヴユーソーリースマイルプリーズ』
作者「七星」様



河城にとり、鍵山雛がメイン。にと雛。



感想は下↓に。













感想。

そういえば「エロガッパ」という単語はありますが、「エロ鬼」や「エロ土蜘蛛」という単語は聞かないですね。
なぜ河童にだけエロが適用されてしまうのか。

冒頭のにとりの自慰シーンがインパクトあります。河童にも発情期があるのか。
発情期だということを差し引いても、にとりの自慰行為はずいぶん激しい。

雛の時間差ツッコミがいい。

なんとも初々しくほほえましいカップル。そして最後はハッピーエンド。ハッピーエンドは良いです。

ちんちんがあったら雛に入れたい、というにとりの告白が生々しくてリアルです。
出会いから結ばれるまでしっかり描かれていて、にと雛がいっそう好きになる、そんなお話でした。
[PR]

by tohotoho2 | 2010-11-25 08:05

<< ニコニコ動画 【東方手書き】博... 「槙モルン」様の東方同人誌 『... >>