四国は徳島県のアニメイベント「アニメプレミアム上映」で『アニメ店長×東方Project』を見てきました。   

2011年 01月 30日

制作のしおり

「しおり」様の、東方中心ニュースサイト『制作のしおり』はこちら。

【本日の話題】長編漫画「東方霊穿界」エンディングFlashを公開や、無料でアニメ9作品が楽しめる「アニメプレミアム上映」でアニメ店長×東方Projectを上映など!

『制作のしおり』様の2011年1月29日(土)の記事内に、

>知事も来場、無料でアニメ9作品が楽しめる「アニメプレミアム上映」1月30日実施
>ジャンル【東方を含む・情報】 from:GIGAZINE
>>9時30分から9時45分に上映「アニメ店長×東方Project」



こういう記事が載っていました。



「GIGAZINE」

「GIGAZINE」様のサイトはこちら。

知事も来場、無料でアニメ9作品が楽しめる「アニメプレミアム上映」1月30日実施


「GIGAZINE」様の2011年1月28日の記事内に、「アニメプレミアム上映」についての記事を書かれています。


「アニメ店長×東方Project」が大きなスクリーンで見られる!私はもう既に年末のアニメイト秋葉原で1回、1月初旬のアニメイト徳島で1回、計2回「アニメ店長×東方Project」を見ていますが、やはり大きなスクリーンで見られるというのは大変魅力。というわけで行ってきました。


「アニメ店長×東方Project」のコラボアニメーション映像を、アニメイト秋葉原の上映会で見ました

アニメイト徳島でのコラボアニメ上映会レポートと『アニメ店長×東方Project 設定資料集』


過去2回、私が「アニメ店長×東方Project」を見たときの感想は上記の記事内にあります。本編感想は主に1回目のときに書いています。



2011年1月30日(日)、イベントに行ってきました。

c0145162_18495933.jpg

会場の「あわぎんホール」。アニメイト徳島からは、徒歩5分ぐらいのところにあります。
会場には9時ぐらいに着きました。
私が来たときは大勢の行列が並んでいて、ちょうど中に入っていっている場面でした。おおう、けっこうな数の参加者がいるみたいやね。田舎のアニメイベントとは思えないほどの、意外なほどの参加者数。やはり無料で見られる、というのが大きいのか。


c0145162_18505126.jpg

入り口にあった看板。「マチ★アソビ」という大きなイベントの中に今回のイベント「アニメプレミアム上映」がある、という形になっています。


c0145162_1851285.jpg
c0145162_18511191.jpg

上映される作品は全部で9作品。ここには載ってないですが他に「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」も上映されます。


c0145162_18512194.jpg
c0145162_18513165.jpg

「アニメ店長×東方Project」の上映は9:30~9:45。アニメ自体は10分ちょっとの上映時間です。



c0145162_1931193.jpg

入り口から中に入る。エントランスホールでは、上映作品の看板が設置されていました。


c0145162_19313399.jpg

やたら反射する額が使われているためか、光が反射してばかりでうまく取れません。他の参加者も携帯等で撮影していましたが、反射が激しくて撮りづらそうでした。



c0145162_19481383.jpg

中の、上映する場所の様子。中規模の映画館ぐらいの広さ。スクリーンは大きめですが、本家映画館のスクリーンよりは気持ち小さめのような。でも今までアニメイトで見たときのスクリーンよりは遙かに大きいです。


c0145162_19482681.jpg
c0145162_19483653.jpg

入り口から入るときに上映プログラムが書かれた紙をくれました。
「大スクリーンで上映されるのはこれが初めてです!」とありました。おー、やっぱり初なんだ。大きい画面で「アニメ店長×東方Project」を見ることができる!これは嬉しいでしょう。


c0145162_19484511.jpg

エントランスホールには売店があり、上映作品の関連商品が売られていました。写真はまだ設置途中の様子。
逆襲のシャアのブルーレイとか売られていました。


c0145162_19485813.jpg
c0145162_1949734.jpg

「アニメ店長×東方Project」の設定資料集も売られていました。売店にある東方Projectグッズはこれ1点のみ。


c0145162_19491629.jpg

エントランスホールには、中の上映会場の様子がリアルタイムで映し出されているモニターがありました。


c0145162_19492698.jpg

逆襲のシャアを上映する関係か、ガンダムの巨大フィギュアが置かれていました。


9:15
そろそろ席を確保するために中に入る。真ん中らへんの席はかなり埋まっていました。参加者は、300~400人ぐらいはいそう。私は前から5~6列ぐらいのところに座りました。せっかくの巨大スクリーンだし、間近で見てみたかったので。

9:25
そろそろ上映する、とのアナウンスが。
そして司会の女性登場。なんと八意永琳のコスプレをしています。なんと!?えーりん!東方のコスが見られるとは思っていなかったので、これは嬉しい不意打ちでした。

タイムスケジュールを見ると「アニメ店長×東方Project」の上映は9:30~9:45とあります。アニメ本編は10分ぐらい。次のアニメは9:45から開始。というわけで、空き時間が5分ほどしかありません。でも簡単なトークショーと非売品ポスタープレゼントもあるらしい。トークショーとポスタープレゼントを5分でやるの!?ずいぶん時間ないなぁ、きちんと予定通りのことが行われるのかちょっと心配になってしまいます。

9:30
アニメイトの小山プロデューサーとufotableの近藤プロデューサーが登場。二人とも、20代後半~30ぐらいの若者、という感じ。よくいるヲタクのようなバッグを背負っています。近藤さんいわく、そんな格好しているのは「後で自分もそちら(観客席)に行くから」とのこと。

トークショー開始。
主に「アニメ制作に至ったきっかけ」について話していて、本編内容に関するようなことは一切なかったです。

小山さんも近藤さんも以前から仲良かった。
最初にZUNにアニメ化の話を持って行ったらNGくらった。次にアニメ店長とのコラボで話を持って行ったら、OKもらえた。
小山さんと近藤さんは酒の席でコラボアニメについて初めて話合って、そこからはすぐに話が進んでいった。


トークの内容はこんな感じかな。
その後、二人は観客席に降りてきて、観客と一緒に鑑賞。


9:30ちょっとすぎ、アニメ上映開始。


アニメ本編の感想は下↓に。(ネタバレがあります!)









注、ここから先、「アニメ店長×東方Project」の本編内容についてネタバレがあります!









感想。

鑑賞はもう3度目になるので、内容に関する感想はあまりないかな。
何度見てもいい作品だと思う。10分という短い時間なので、ダレるところがなくて、くり返し視聴するのに向いていると思います。3回目でもう内容はしっかり頭に入っているけど、飽きるということがありません。10回でも20回でも、100回でも見たい。


今回見ていて新たに気づいたこと。

1.最初にアニメ店長10周年記念のロゴが出た。あれ?このロゴあったっけ。アニメ店長ロゴの次に製作のユーフォーテーブルのロゴが出ました。
2.人間の姿に化けている藍。帽子に、「手の指で『きつね』を形作る、あの指のポーズ」が描かれていました。大画面だから気づけました。
3.古明地さとりが読んでいる本は「キャラ☆メルFebri」だった!てっきりやおい本だと思っていた。「キャラ☆メルFebri」は一迅社発行。他社の本を出してあげるとは……アニメイト、懐が大きい!
4.フランが「過去を刻む時計」を放つシーン。「時の刃に刻まれるがいい!」と言っていました。過去2回の鑑賞ではなんと言っているのか覚えていなかったので、今回重点的に覚えてみました。あー、すっきりした。この台詞、なぜか設定資料集の絵コンテには入っていないのですよね。


エンディングの曲は……なんだろう、聞き覚えあるんだけど……あー、思い出せない。


スクリーンそのものが悪いのか、画面中央、真ん中あたりにうっすらと、縦に黒い線がありました。昼間のシーンだと目立ちます。でも本編は夜間シーンが多くて暗い画面が多いから、うっすらとそんな黒線があっても分からないです。

映像はかなり綺麗。アニメイト秋葉原ではブルーレイでの上映で、あのときも綺麗だったから、今回のもブルーレイでの上映だったのかな。音もかなり大きくて、映像&音声、両方の面で迫力ありました。


9:40すぎ
上映終了。みんな拍手していました。
小山さんと近藤さんが再び舞台の上へ。
そして始まる、ポスタープレゼント。なんとこのポスター、1点ものの、超貴重品。舞台上のお二人とも持っていないらしいです。ポスターそのものはもう丸められていて、さらに紙で巻いて封がされています。というわけでどんな絵柄なのか見ることはできませんでした。せめてどんな絵柄なのか見せてほしかった。

プレゼントの方法は、じゃんけんするのかなーと思ったら、やっぱりじゃんけんでした。うん、やっぱりそれが一番手っ取り早いね。欲しい人は立ってください、と言われたらほとんどの人が立っていました。方法は勝った人だけ残って、引き分けや負けは座る方法。私は1回目で負けました。うう、悔しい。6~7くらいやって、残り3人。そこで参加者同士でじゃんけん。3人が2人になって、そして最後の一人に。若い学生っぽい男性でした。勝った瞬間、両手をぐっと握りしめて「よっしゃ!」という感じのジェスチャーしていました。おー、おめでとう!
うーん、やっぱり絵柄見せてほしかった。

近藤さんが「ヤフオクには出さないでね。1点しかないから、すぐ分かるから」と言うと、どっと、会場に笑いが起こっていました。


そして上映終了。もう次のアニメが始まります。私は「アニメ店長×東方Project」だけが目当てだったのでもう帰ることにしました。「逆襲のシャア」も本当は見たかった。大きなスクリーンで見られる機会なんてないし。でも上映が14時半からと、間にかなり時間が空いている。そこまで暇つぶしはできない、ということでもう帰ることにしました。

エントランスホールの売店では、アニメを見終わった参加者が「アニメ店長×東方Project」の設定資料集を買っていました。んー、あれだけ出来のいいものを見たら、関連商品が欲しくなるよねぇ。参加者が多かった分、けっこうな数が売れていました。仮に50冊あったとしたら30冊以上売れていた印象。

エントランスホールではアンケート募集していたので、紙もらってアンケートに答えてきました。待ち時間の間、歌とか曲を流してほしい、と書いてきました。


帰り際、新町川の傍の出店やっているあたりで、幽々子のコスの人をみかけました。寒いからか上にコート羽織っていましたが、ピンク髪と、コートの裾から出ている、桜模様の入った水色の衣装で、幽々子と分かりました。

あとは車で帰りました。イベントレポート終了。
[PR]

by tohotoho2 | 2011-01-30 18:50 | 東方動画

<< 東方星蓮船外伝 霧雨魔理沙と聖... 『制作のしおり』様 11回目の... >>