コンプエース2013年5月号は、なんと『東方鈴奈庵』は休載でした。   

2013年 03月 28日

c0145162_2132628.jpg


コンプエース2013年5月号をamazonで購入しました。
2013年3月26日発売。



月刊コンプエース2013年5月号
『東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.』
春河もえ




……の予定だったのですが……





なんと、今月号は東方鈴奈庵は休載でした!!






1回休み。第6話掲載は、次号6月号掲載、ということになります。
本買って、目次のところ見て、東方鈴奈庵の名前が無いことに気づいて、ようやく休載だったことを知りました。
東方wikiには発売日当日に情報載っていたみたいですね。
うーん、休載だと知っていたら、買わなかったかも。
一応、付録に東方関係のものがあるらしいことは知っていたので、付録目当てでもあったから、買ったのは別にいいかな、とは思うけど。

というわけで今回は休載なので、鈴奈庵本編についての感想は無いですが、今月号のコンプエースについてもうちょっとだけ下↓で語っています。













ここから先は画像つきネタバレがあるので注意!!








c0145162_21391749.jpg

c0145162_21392987.jpg

付録のスペシャルフォトスタンドクロックについて。
リリカルなのはの付録っぽいけど、絵柄の部分は差し替え可能なパネルになっていて、差し替えの絵は本誌の巻頭に綴じ込みの形でついてきています。
差し替え絵柄は全10種類で、その内の1つが東方鈴奈庵になっています。
しかし、絵柄は単行本1巻の表紙そのまま使い回し。小鈴が一人立っている、あの絵です。うーん、付録なのに、既存の絵そのまま流用というのは、ちょっと欲しい度が大幅ダウンしてしまいますね。さらに、自分でいちいちハサミで切り取らないといけないし。付録関係で、自分でハサミで切らないといけないようなものは嫌いなんですよね。
一応買ってはみたけど、このスタンドクロックに鈴奈庵の差し替えパネルをはめることはなさそう。




今月号でコンプエースは8周年。その記念として、作家さんへのアンケートが載っています。それに関連する形で、その作家さんから私物をプレゼント、というのがあります。
鈴奈庵作画担当の春河もえ氏のアンケートと、プレゼントもあり。
春河もえ氏のプレゼントは、文具セット。アンケートによると、「見かけるとつい買ってしまう」とのこと。ちなみに、東方とは全く関係ありません。東方ファンというよりは春河もえ氏のファン向けのプレゼントですね。
質問は全部で5つ。そのうちの一つに、「二次元にハマッたきっかけは?」というのがあって、「夢のクレヨン王国?」と答えています。
へー。夢のクレヨン王国、アニメはちゃんと見たことはないけど、だいたい、こういうもの、というのは知っています。あれってけっこう前の作品のような?これを手がかりに、春河もえ氏のだいたいの年代が分かる……かも?







c0145162_2163246.jpg

そして次回予告。
なんと次回は東方鈴奈庵が表紙&巻中カラー!!
うおおおおおーーーーーーーーーー!!表紙というのが嬉しいなぁ。コンプエースで東方が表紙というのは、初では?
私はコンプエースは三月精の途中から買っているので、三月精の初期か前半ぐらいで、ひょっとしたら表紙があったかもですが。
東方が表紙なんて珍しい……ほとんど今回が初では、と思っていたら、思えば儚月抄で何回かありましたね。comicREXで2回か3回、うどんげっしょーで、最終回ちょっと手前ぐらいで1回ぐらいあったような。茨歌仙は、まだ無いですね。
しかし、表紙ではあっても、巻頭カラーではないのですね。私が若い時って、表紙を飾った作品って必ず巻頭カラーだったと思います。それが、最近は必ずしも表紙=巻頭カラーではないのですよね。なんでだろう。表紙の次に、いきなりその作品が巻頭カラーだったほうが、絶対インパクトあるし、その作品のファンも嬉しいと思うのだけど。表紙なのに、ずいぶんページ開けてから漫画開始、ではちょっと寂しい気が。

まぁとにかく、表紙はめでたい。東方にそれほど力を入れていないであろう、角川系列の本で表紙、という点に意義があると思う。
次回予告の絵は、これは書き下ろしか?と思ったら、単行本の表紙と裏表紙をうまくつなげて作っていますね。単行本の裏表紙のままの配置だと阿求あたりが隠れそうですが、上手く配置し直しています。



3月は、単行本の書き下ろし漫画と、コンプエース本誌と、鈴奈庵を一度に2回楽しめる!とワクワクしていたので、休載はちょっと残念でした。でも、なんといっても鈴奈庵は毎月連載ですからね!1回休みでも、次が一ヶ月後になるだけ。これが茨歌仙なら、間が四ヶ月空くからなぁ……。
次回が表紙という驚きのニュースがあったので、それで休載の分、プラスマイナスゼロ、という感じでしょうか。
今から、表紙が鈴奈庵になっている次号コンプエースを楽しみにしています。
[PR]

by tohotoho2 | 2013-03-28 21:04 | 東方関連書籍

<< 『制作のしおり』様に捕捉してい... 『東方鈴奈庵』単行本第1巻、描... >>