<   2009年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

博麗神社例大祭パンフレット   

2009年 01月 31日

東方Project作品オンリー同人誌即売会
博麗神社例大祭(第6回)

開催日程
2009年3月8日(日) 10:00~15:30

開催会場
東京ビッグサイト 東4・5・6ホール



例大祭のパンフレットを、とらのあなやめろんぶっくすで予約受付開始していますね~。
正式な発売は2月8日からだそうで。
pixivにパンフの表紙絵の絵師さんの絵があがっていて、それで知りました。

まぁ例大祭は行かないですが。
私は四国在住で東京は遠いのです。
昔は趣味に時間も金も惜しまずつぎ込んでましたが、最近はそのどちらにも不自由していて・・・。


とはいえ、例大祭は東方のイベントの中では最大規模。やっぱり東方ファンなら一度は行ってみたいと思うわけで。
私が東方を好きになってから行ったイベントといえば紅楼夢3とコミケ73のみ。
紅楼夢も、例大祭に次ぐ規模ではあるけど、別にZUN氏や黄昏が参加するわけでもないし、規模以外の、重要度からいっても例大祭がやはり頂点でしょう。



c0145162_2311912.jpg

ちなみにこれが私が参加したことのある、関西の東方オンリーイベント「東方紅楼夢3」のパンフレット。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-01-31 23:10

『東方儚月抄 〜 月のイナバと地上の因幡』単行本化決定   

2009年 01月 30日

「あらもーど」

まんが4コマKINGSぱれっとで連載されている『東方儚月抄 〜 月のイナバと地上の因幡』の作者様「あらたとしひら」先生のサイト。
ここを見てみると、なんと「月のイナバ~」の単行本化が決まったみたいです!
めでたい。
発売日とかはまだ全然未定ですが。
REXの儚月抄がもうすぐ終わりそうだから、それに伴って小説版やぱれっと版も終わるのかな?
そうなるとぱれっと版は全1巻ぐらいにぴったり収まりそう。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-01-30 12:43

第2話「身体を入れ替えられた十六夜咲夜」   

2009年 01月 29日

東方永夜抄外伝
永遠亭急襲!!~蓬莱山輝夜を抹殺せよ~
第2話「身体を入れ替えられた十六夜咲夜」





「しまった、肝心な物を忘れていた」

永遠亭に向かって飛行中だった玉兎は、急になにかを思い出して反転し、咲夜のところへと戻った。

「たしかこのへんに落ちたはず・・・む、あそこか」

地面に、ウサ耳をつけた男が倒れているのが見える。
今は十六夜咲夜が玉兎の身体で、玉兎が十六夜咲夜の身体になっている。
玉兎のボディチェンジは、お互いの心と身体を入れ替えてしまう能力なのだ。
咲夜は地面に墜落したが、命は取り留めたらしい。気絶はしているが、息はあるようだ。身体はボロボロで、あちこちから血が流れている。

玉兎はそんな咲夜の様子には気にもとめず、咲夜の、玉兎の身体のズボンのポケットから、1つの携帯電話を取り出した。

「ふう、これが無ければ仲間と連絡が取れないからな」

「我、十六夜咲夜の身体を乗っ取った。蓬莱山輝夜は永遠亭にあり。場所は迷いの竹林○○地点。我もすぐに向かう・・・と」

玉兎は咲夜のしなやかな手で、すばやくメールを打ち、玉兎の仲間に向かってメールを送信した。


「これでよし。さて、永遠亭に向かう前に・・・くくく、少しこの身体を楽しませてもらうとしよう」

玉兎は今や自分のものとなった十六夜咲夜の手で、咲夜の胸をわしづかみにし、揉み始めた。

「うっ・・・はぁ、気持ちいい・・・これが女のおっぱいか」

誰もいない荒野で、メイド長が痴態を繰り広げ始めた。
胸の柔らかい感触をたっぷり楽しんだ後、玉兎はメイド服のスカートをめくり上げた。

「くくく、では次は女の子の大事な部分を触らせてもらうとしようか・・・」

玉兎が咲夜の手で、咲夜の白いレースのパンティの中に手を入れようとしたそのとき。






「あら咲夜、こんなところで何をしているの?」

満月を背負い、十六夜咲夜の主君にして紅魔館の主、レミリア・スカーレットがそこに居た。


「れ、レミリア・スカーレット・・・!じゃなかった、お、お嬢様」

玉兎は突然現れた吸血鬼の名前を呼び捨てにしてしまいそうになったが、急いで咲夜の記憶を読み、咲夜が普段レミリアを呼んでいる呼び名を口にした。

「そこに倒れているボロボロの男は誰?ただごとじゃないわね。なにがあったか私に説明してくれる?」

(ちっ・・・面倒な奴が現れたな・・・でも今俺は十六夜咲夜なんだ。能力も使えるし記憶も読める。俺に不利な要素はない・・・)


「はい、お嬢様。実はこの者は月の兎で・・・」

玉兎はあくまで咲夜の振りをしながら、レミリアに事情を説明した。



「ふーんそうなの。私も興味わいてきたわ。咲夜、この男を連れ帰って、いろいろ吐かせなさい」

「えっ!で、でもわざわざそんなことしなくても・・・」

「なによ咲夜、なにが不都合でもあるの?」

「い、いえ・・・わ、分かりました」

(ちっ、まぁいい。十六夜咲夜の能力をもってすれば、レミリア・スカーレットだって倒せるはずだ。スキをみて、息の根をとめてやる・・・)

数々の異変を解決した紅魔館のメイド長の勇名は月にまで届いていた。そのメイド長・十六夜咲夜の身体を得たことで、玉兎は気が大きくなっていた。
あと、オナニーを中止させられた欲求不満を晴らしたい、という思いもあるようだ。




咲夜とレミリアは共に紅魔館に着いた。
門の前には美鈴が立っている。
咲夜は背中に背負っていた男・玉兎を地面におろした。

「お嬢様、咲夜さん、お帰りなさい!ところで誰です?この男」

「月の連中の一人よ。あの蓬莱山輝夜を狙っていたみたいね。ま、私がやっつけたけど」

「ふーん、そうなんですか」

美鈴はじろじろと、玉兎と咲夜を交互に見た。

「後で拷問して吐かせるから、地下の牢屋にでも入れておいて頂戴」

「わっかりました!よいしょっと」

美鈴は元気よく返事すると、軽々と男を背負い、館の中へと入っていった。

(くくく、その男がお前達の仲間の十六夜咲夜だとは知らずに・・・つくづく、地上の者はバカぞろいだな)



「咲夜、夜のお散歩をしていて疲れたわ。私についてきて、紅茶を入れてちょうだい」

「は、はいお嬢様」

咲夜の身体の玉兎も、レミリアに続いて館に入っていった。




(しかし、この吸血鬼。全然スキを見せないな。自分の従者相手なら、もっと警戒心を解いていいはず・・・俺が咲夜ではないと気づいているのか!?いや、まさかこんなガキに俺のボディチェンジがばれるはずがない・・・)

玉兎は背中を見せながらも、全くスキを見せないレミリアに対し、少し焦りの心を抱いていた。

(よし、こうなったら紅茶に毒でも入れてやるか・・・)



レミリアと咲夜は一緒にレミリアの私室に入った。

「それではお嬢様、紅茶を入れてまいります」

そういって玉兎は部屋を出ていこうとした。

「その必要はないわ、月の兎」



「え・・・!?な、なにをおっしゃっているのですか?月の兎は美鈴が地下牢に・・・」

「私と咲夜が何年一緒にいると思ってるの。もうその猿芝居も見飽きたわ、正体を表しなさい」

「ちっ・・・!ばれていたとはな。しかし残念だったな、俺のこの身体は正真正銘、お前達の十六夜咲夜のものだ。俺を殺せば、十六夜咲夜は元の身体に戻ることはできないぞ」

正体がばれて一瞬玉兎は焦ったが、すぐに勝ち誇った表情に変わった。


「くくく、俺を殺せまい。俺を殺せば、お前達の咲夜は一生俺の男の身体で生きるはめになるがな」

「おしゃべりな男は嫌いよ。フラン・・・あなたの出番よ」

「はーい、お姉様、呼んだ?」

レミリアに呼ばれ、悪魔の妹、フランドール・スカーレットが部屋に入ってきた。

「むっ、お前はこいつの妹か・・・しかし、誰がこようが俺のこの身体に手出しは・・・」

「お姉様、こいつを壊しちゃえばいいんだよね?」

「ええ、そうよ」

「じゃあ、壊すね。バイバイ」

「へっ・・・」

玉兎は、十六夜咲夜の声で、一瞬、間抜けな声をあげた。それが彼の最期の言葉だった。

グシャ。

玉兎の精神は、十六夜咲夜の身体の中で、跡形もなく破壊された。
あらゆるものを破壊する能力を持つ、フランドール・スカーレットの手によって。

精神を無くした十六夜咲夜の身体は、糸が切れた人形のように、バタンと床に倒れた。


「これでいいんだよね?お姉様」

「ええ、上出来よ、フラン」





「お嬢様ーー!咲夜さんを連れて来ました!」

そこへ、全身包帯だらけの男・玉兎を背負った美鈴が入ってきた。

「けがは見た目ほどひどくはないみたいです、私の気でできるだけ治しておきました」

「美鈴ありがとう。あなた、入れ替わりに気づいていたのね」

「ええ、だって、咲夜さんの気が全然違うんですもの。ああ、別人だなって、分かりました。



「お嬢様、妹様、すみません、ご迷惑をおかけしてしまって・・・」

「いいよー、べつに。久々にモノを壊せて楽しかったし」

「奪われた従者の身体を取り戻してあげるぐらい、主のつとめとしては簡単なことよ」

「ありがとうございます。ですがお嬢様、せっかく私の身体を取り戻していただいたのですが、その、元に戻る方法が・・・」

「今、パチュリーに調べさせてるわ。図書館のどこかには、元の身体に戻る方法が載ってる本があるでしょ。どうしてもみつからなかったら、あのスキマ妖怪に頭下げて頼んでみるわ。あのスキマ妖怪なら、精神と身体の境界を操って元に戻すことぐらい簡単でしょう」

「ですが、それではお嬢様があのスキマ妖怪に貸しを作ってしまいます」

「だから、あなたは気にしなくていいんだって。それらも含めて、主の仕事よ」

「ありがとうございます、お嬢様・・・みんな・・・!」




「ふう、なんだか騒がしい夜になっちゃったわね・・・まだ、なにか起こりそうな予感がするわ」

レミリアは館のベランダから永遠亭がある竹林のほうをみつめながら、一人つぶやいた。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-01-29 04:32 | 東方入れ替わり小説

東方三月精 第25話「二つの世界 後編」   

2009年 01月 28日

c0145162_0105492.jpg
月刊コンプエース3月号
『東方三月精 〜 Strange and Bright Nature Deity.』
比良坂真琴
第25話「二つの世界 後編」


c0145162_0111244.jpg

三月精の単行本2巻は2月に発売延期になったはずなのに、表紙では「コミックス最新刊発売中」になっています。延期が急だったから、表紙の変更が間に合わなかったのかな?





第25話の感想はこちら↓

感想の続きを読む(ネタバレあり!)
[PR]

by tohotoho2 | 2009-01-28 00:07 | 東方関連書籍

ニコニコ動画   

2009年 01月 27日

ニコニコ動画の紹介。




【東方】サイボーグ00⑨【ぺらぺらMAD】

タイトルの通り、サイボーグ009のアニメOPを東方キャラでパロったもの。
サイボーグ009は3回アニメ化されていて、その2回目のときのOPですね。
実はサイボーグ009は原作をよく知らないし、アニメも見たことはないのですが(汗)、この歌とOP映像は気に入っていて何度も見た(聞いた)ことがあります。

ちょっと荒々しい感じ?の、独特の絵柄の方。好きですね、こういう絵柄。
真剣なチルノの顔がほわわーんと気が抜けていく様子がなんともいえず良いです。
それでよく動いてる!けーねが変身したり、美鈴が炎を吹いたり、元ネタとぴったり合っているところもよいです。
この作者さん、この動画1回きりで、これ以降の投稿はないのが残念。この絵で動画、もっと見たかったです。



【東方】サイボーグ00⑨【ぺらぺらMAD】を比較してみる

比較版もあったりします。







エキサイトブログはニコ動やpixivのサムネを貼ることができないのが、ちょっと不便。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-01-27 04:12 | 東方動画

『東方三月精 〜 Eastern and Little Nature Deity.』   

2009年 01月 26日

東方三月精の2巻がたしか1月25日ぐらいに発売、とのことでamazonで予約していたのですが・・・
どうやら2巻は発売延期になったようです。
ううーん、楽しみにしていたのにー。

「金属帝国 ヴェルフェ」
この情報は「metal-animal」さんのブログを見て知りました。

発売延期は残念だけど、いつの間にか2巻には音楽CDがつくことになっているみたいで、音楽CDがつくために延期になったのならまぁいいかなーとか思ったり。延期といっても一月延びただけですし。

んー、しかし、三月精は1巻に続き2巻にも音楽CDがついてくる。それだったら、儚月抄の中巻にも音楽CDをつけてほしかった・・・。特に儚月抄の中巻は、他作家さんのお祝いイラストとか書き下ろし漫画とか、そういう特典的な要素が一切ないから、尚のこと、音楽CDが欲しかった、と思ってしまう。というか綿月姉妹の、依姫、豊姫それぞれに単独のテーマ曲を作ってほしい・・・!一応「綿月のスペルカード」という姉妹のテーマ曲はあるけど、姉妹それぞれの、個別のテーマ曲がほしいんだぁ!

話逸れましたが、単行本が延期になったぐらいだから、今月のコンプエースの三月精も休みかな?





三月精絡みで、旧三月精の単行本紹介。

c0145162_2312490.jpg


『東方三月精 〜 Eastern and Little Nature Deity.』
松倉ねむ

c0145162_23122081.jpg
↑裏表紙。

ちなみに私が持っているのは初版です。




今コンプエースで三月精書いている比良坂真琴先生ではなく、松倉ねむ先生の旧三月精。
「絶版絶版とか言っているけど、そのうち絶対再版するんだろー」とか思ってたら、意外と・・・というか全く再版されないこの本。買えるときに買っておいてよかったかも。

私は松倉ねむ先生の絵、好きです。
東方の前に、三国志大戦にちょっとハマっていた時期があって、女性武将のカードとか買ったりしていました。
で、三国志大戦をいろいろ調べていて、そのときに、松倉ねむ先生が描かれた三国志大戦の絵を見て、松倉ねむ先生のことを知りました。
で、とある本屋によってみると、松倉先生名義の単行本があるのを発見。このころは東方については全く知りませんでした。
好きな作家さんの本ということで、東方は知らないけど、買ってみようかなーとか思いつつ、このときは買わないままでした。

そのうち、三国志大戦から東方に興味が移って、そういえばあの本屋に三月精の単行本あったなーと思い、やっと購入。

読んでみての感想は・・・たしかに白い(汗)。トーンとか少ないです。
あと、ラフ絵・・・とまでは言わないけど、はっきりしていない感じの線なので、ちょっと・・・読みづらい。読むだけでちょっと軽くストレスを感じるというか・・・。内容も、今の三月精以上に、不思議っぽい雰囲気、謎かけ満載な内容なので、内容と絵の両方で「読みにくい」と感じてしまいます。後任の比良坂先生の絵が、松倉ねむ先生と対称的にはっきりした線を描くので、そういう、比較してみての印象の違うもあるかもしれないですが。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-01-26 23:12 | 東方関連書籍

東方儚月抄 〜 月のイナバと地上の因幡   

2009年 01月 25日

c0145162_22234253.jpg


まんが4コマKINGSぱれっと2009年3月号
東方儚月抄 〜 月のイナバと地上の因幡
あらたとしひら


話数表記がないので何話目なのか分からない・・・


簡単に感想を書いてみました。


感想を読む(ネタバレあり!)
[PR]

by tohotoho2 | 2009-01-25 22:23 | 東方関連書籍

第6回東方シリーズ人気投票、投票してきました。   

2009年 01月 24日

第6回東方シリーズ人気投票


東方の第6回人気投票、投票し終えました。
けっこう簡単だったね・・・。
メールフォームにメールアドレス入れて送信して、メールが来たらそれに載ってるID入れて投票。めちゃ簡単やんけ!
去年の第5回のときはその「投票にはIDが必要」というのがどうにも面倒くさそうで、それで参加しなかったんだよなぁ。どんだけ面倒くさがりなんだ自分。

綿月姉妹にはぜひ上位に来てほしいけど、まぁこういうのはお祭りだし、みんなでワイワイやるのが楽しいのでしょうね。
過去の人気投票を見ても、コメントを読んでいるだけでもかなり楽しめます。みんながどういう思いでそのキャラや曲を好きなのかがよく分かって、いいですね。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-01-24 03:55

第6回東方シリーズ人気投票と東方儚月抄   

2009年 01月 23日

第6回東方シリーズ人気投票

やっぱり東方の第6回人気投票、投票してみようかな。
pixivとかで支援絵を見ていたら、なんか投票したくなってきた。一年後も東方を好きでいるかどうかは分からないし、投票するなら今しかない・・・かな?とりあえずメール送ってIDはもらえたので、後は投票するだけ。締め切りは24日の24:00だからほぼあと2日。締め切りすぎる前に投票しとかないと・・・。

投票するならキャラ部門は綿月依姫と豊姫とレイセンは確実。儚月抄が好きなのです。マイナーどころが好きなのです。

音楽部門は・・・秘封の曲もありなのかな?

私は東方創想話の作品集53の
未来百鬼夜行 ~ 紫とメリーの神隠し ~ 前編
未来百鬼夜行 ~ 紫とメリーの神隠し ~ 後編
を読んで秘封にハマッたクチです。CDも買いました。ネット上で「大空魔術」の「天空のグリニッジ」と「車椅子の未来宇宙」が良いらしいので聞いてみると・・・うわこれホントに良いわ。これは繰り返し聞いてしまいます。この2曲のためだけでも、このCDを買う価値はあります!!私は特に「車椅子の未来宇宙」のほうが好きかな、物語のクライマックスあたりにかかるとすごく盛り上がる気がします。






綿月姉妹といえば・・・綿月姉妹をすごくプッシュしているサイトさんを紹介。

「淨湖+」という方のブログ。
最新のREX儚月抄のネタバレあり。その点、注意。
海外の方です。pixivで知りました。
文字はなんて書いてあるかさっぱり読めないですがイラスト書くだけでなくイベントに参加して綿月姉妹グッズ作ったり、綿月姉妹のコスプレしたり・・・とにかく、綿月姉妹を愛している!というのがひしひしと伝わってきます。ここまで愛してもらえたら、キャラクターにとってもすごく幸せだろうなぁと思います。








「失くしたボタン」
こちらも綿月姉妹プッシュされている方のサイト。こちらの方はどちらかというと、綿月姉妹だけではなく、輝夜や永琳、永遠亭メンバー全員を含めた、月側の人たちのファンサイト、といった感じです。
毎回、REX儚月抄、小説儚月抄、ぱれっと儚月抄と、3誌それぞれの儚月抄の感想を書かれています。3つの儚月抄の感想を定期的にきちっと書いている方ってほとんどいないんじゃないでしょうか。そんな点でも、すごいなぁと思える方です。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-01-23 03:47

東方三月精 第24話「二つの世界 中編」   

2009年 01月 22日

c0145162_2413050.jpg
コンプエース2009年2月号
東方三月精 第24話「二つの世界 中編」



なにげに、儚月抄のコミックREXと同じく、毎月雑誌を買って読んでいる、コンプエースの三月精。
もう次の号が出そうなタイミングですが・・・感想を書いてみます。

続きを読む(ネタバレあり!)
[PR]

by tohotoho2 | 2009-01-22 02:41 | 東方関連書籍