<   2009年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

ダラダラと過ごしています   

2009年 02月 28日

もうすぐコンプエースの発売日・・・でもさすがに、今回のコンプエースで三月精の新章スタート!!ってことはないかな。
東方関連の書籍の中でも、コンプエースはキャラ☆メルの次に高い部類に入るから、買わなくて済むのなら買わないに越したことはない。



例大祭って3月8日だったのですね。開催までもう2週間もないとは。
自分が参加したりしないイベントだから、あんまり詳しく知ろうという気もしないです(汗)。
東方の同人誌も、最近は買ったりしないから、例大祭でこの同人誌が欲しい!というのも特に無いし・・・
ナナツハネさんとしょぺさんの本は欲しいなーと思うけど、書店委託がきっちり決まってからの話だし・・・

最近は東方を楽しむといえばpixivで東方絵を見るばっかりになっています。
閲覧オンリーでも、タグつけているだけでも楽しいし、時間はつぶせるし。東方絵なら、それこそ絶え間なく投稿されているから、常に新作絵を拝めるし。

あとは、時間あるときは創想話見たり、東方関連のスレ見たり。


東方の入れ替わり話も書きたいと思っているのですが・・・最近ちょっと、モチベーションが上がらない・・・
[PR]

by tohotoho2 | 2009-02-28 04:26

東方星蓮船と早苗さん自機化、宇佐見蓮子参戦!?   

2009年 02月 27日

東方の新作情報が出ましたねー。

その名も「東方星蓮船」。
読み方は「せいれんせん」でいいのかな?これ以外に読みようがない気もしますが。



私はpixivの絵を見ていて知りました。
とはいえ、最初は東方新作のタイトルだとは気づかなくて、
「例大祭あたりでどこかのサークルさんが発売する、東方の二次創作ゲーム」だと思ってしまいました。
タイトルが、ちょっと突飛というか・・・あんまり本家な感じがしなかったので(汗)。しかしその他を絵を見ていると「早苗さん自機化おめでとう」とか書いているのを発見。
え!?自機化!?
この時点で、ようやく東方の新作のことだと分かりました。

pixivを見ていたら、26日だけで早苗さんの絵がかなり投下されている。ほとんどが「自機化おめでとう」という内容です。
ついこの間の人気投票で4位獲得、そして新作でまさかの自機化・・・すごく「大躍進」という言葉がふさわしいと思います。

しかし、ずっと前のキャラ☆メルでZUN氏の風神録キャラ解説インタビューが載っていたときに、「早苗の自機化は難しい」という感じのことを言っていたので、今回のことはほんとに意外です。地霊殿のように敵キャラとして出てくるしかもう道は無いと思っていたのですが・・・まさかの自機化。
キャラ☆メルのZUN氏のコメントは、あえてはぐらかしていた・・・ってことなのかな?それとも、あのインタビューの時点ではそこまで考えていなかったのか。
でも、ZUN氏はゲーム製作については、わりと先の構想までしっかり考えてから作るみたいなので、風神録の時点で、「2作後に自機化する」と決めていたのかもしれないですね。


私は風神録は未プレイだし、地霊殿もEXストーリーはまだ未プレイなので、ゲーム中で早苗さんに会ったことはまだないのですが(汗)。







早苗さん自機化と同じぐらい衝撃的なのが・・・タイトルの「星蓮船」の「蓮」の文字。
東方好きで、秘封もちょっと知っている人ならすぐに秘封倶楽部の「宇佐見蓮子」を思い出すでしょう。私もすぐに連想しました。
東方のタイトルの、東方~に続く3文字は、その作品の重要キャラ(大抵5・6・EXボス)の名前の一部を取っている、というのは東方ファンなら周知のとおり。
で、「れん」といえば、「練」とか「連」とか、他にも漢字はあるのに、わざわざあえて「宇佐見蓮子」の「蓮」を持ってきている。
さらに、秘封倶楽部には「大空魔術」という、蓮子とメリーが宇宙に行きたがっている、という作品がある。
蓮子の能力は、星と月を見て現在の時間と場所が分かるというもの。「星蓮船」のタイトルにも「星」の字があり、UFOが出てくるらしいから、どうも宇宙が舞台の話っぽい。
最近、秘封倶楽部の新作が出ていない・・・これはつまり、他作品に出る準備期間だった!?

ここまで条件が揃っていたら・・・これはもう、宇佐見蓮子が次の東方新作「星蓮船」に登場するに違いない!!

しかし実際は、まぁ、出ないとは思いますが(汗)。それだとあまりにもそのまんますぎるというか。ZUN氏はゲーム本編と、秘封や旧作をきっちり切り離して考えている節がありますし、東方のゲーム本編に蓮子がそのまま登場するのは、ちょっと確率低い気が。

でもせめて、「蓮」の名のついた、蓮子と関わりのある人物に出てきてほしいな、とか思ったり。蓮子の身内・・・母とか姉とか、妹とか、娘とか。
実際に蓮子がゲームに出なくても、これを機に、蓮子=秘封倶楽部に興味を持つ人が増えてほしいな、とか思ったり。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-02-27 00:02

儚月抄のカラーページ   

2009年 02月 26日

c0145162_59375.jpg
c0145162_591598.jpg
c0145162_59255.jpg
c0145162_593572.jpg
儚月抄のREX版。作者様の「秋★枝」氏の名前をとって、通称あきえだっしょー。
あきえだっしょーはREXをリアルタイムで買って読む人と、単行本が出てからまとめて読む人の2通りあると思います。
別にどちらでも内容に違いはないのですが、リアルタイム購読派は、
「カラーページをカラーで見ることができる」
という良い点があったりします。
単行本だと、カラーページは見事に白黒になってしまっていて、そこがちょっと残念なところです。

あと儚月抄のカラーページは霊夢と魔理沙の登場率が高い気がします。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-02-26 05:09 | 東方関連書籍

紫とメリーの入れ替わり本   

2009年 02月 25日

秘封関係のスレを見ていると・・・
去年の冬コミ(コミケ75)で、秘封倶楽部の同人誌で紫とメリーが入れ替わる話があったみたいですね。
紫がメリーと入れ替わって、蓮子と廃墟探索する・・・ような内容らしいです。
しかし、どこのサークルさんが出したとか、詳しい情報が分からない(汗)。SS本なのか、漫画の本なのかも分からない。悲しいかな、秘封の同人誌はかなり数が少ないから、1つずつ調べていけばみつかるのかもしれないけど・・・
そもそも、全てのサークルさんがHPを持っているわけではないし、HP持っていないサークルさんが出した本だとすると、探すのが難しくなるなぁ・・・。
しかし、かなり自分の好みにストライクな入れ替わりなだけに、ぜひ見てみたい・・・!







話変わって・・・
ネット見ていたら、なんかゲーセンのUFOキャッチャーの景品に東方のものがあるみたいですね。
私は現物は見たことないですが、ライターとか時計とかあるみたいです。ヤフオクとか見てみると、霊夢のライターとかあるのを見かけました。
んー、こういうのって・・・ZUN氏に許可は・・・とってなさそうだなぁ。

UFOキャッチャーは好きで、昔よくゲーセンに行っていたときはよくプレイしたりしていました。
東京とか大阪とか、都会のゲーセンだと東方の景品がよくあったりする・・・のかな?ぬいぐるみとかなら欲しいけど、単に東方キャラの絵が入っているだけの時計やライターならあんまり欲しくないかも。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-02-25 23:38

東方なブログ、しばらくそんなかんじ   

2009年 02月 24日

東方なブログ

東方を知り始めた頃によく利用させてもらっていた、東方系補足サイト。
今はもう無いですが、「この絵を描いた絵師さんは誰ですか?」と質問できる画像掲示板があって、たまに利用させてもらっていました。
あと、これも今は無いですが、pixivの絵を毎日1つ紹介していた時期もありました。



しばらくそんなかんじ

こちらも東方系補足サイト。
東方オンリーというわけではなく、ボーカロイドやハルヒ、その他等、東方以外のサイトも補足しているのが特徴。
あと、絵だけでなくニコ動の動画も紹介しています。
「しばらくそんなかんじ」様がなにより凄いのは、1つ1つの絵や動画について、全部感想文をつけていること。しかも1行程度の簡潔な感想ではなく、2~3行ぐらいの、けっこう長めの感想。
そして、基本的に褒める内容しか書いていない。ここがイマイチ・・・とかここをこうしたらいいのに、とかそういうネガティブな意見が全くない。そんなわけで、感想文を読んでいるだけでも気持ちいいです。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-02-24 23:45

『東方儚月抄 〜 月のイナバと地上の因幡』2009年4月号感想   

2009年 02月 23日

c0145162_0175342.jpg

c0145162_0191080.jpg
まんが4コマKINGSぱれっと2009年4月号
『東方儚月抄 〜 月のイナバと地上の因幡』
第21回




「ぱれっと版儚月抄」とか言うのがもう面倒くさいので(汗)、皆さんがよく使ってる「うどんげっしょー」という呼び方でいきます。
ぱれっと最新号買いました。
私は四国の徳島に住んでいるのですが、徳島だと書籍は1日遅れで入ってきます。発売日がちょうど土・日だったりすると本の入荷は月曜日になります。



c0145162_018489.jpg
本編終了後の次のページで、うどんげっしょーの単行本の告知が。
上巻!?
てっきり1巻程度で収まると思っていたので、意外。
たぶん「上下」で終わるのだろうけど、もしかしたらREXの儚月抄が終わってもうどんげっしょーだけは続いて、まさかの「上中下」巻構成になるのか!?

上巻は「着彩済みフィギュア付き限定版」があるそうです。
フィギュアについては、儚月抄公式HPですでにほのめかされていたので、特に驚きはないです。
東方の書籍のおまけといえば今までは音楽CDばかりだったから、フィギュア付きは初ですよね。
東方以外の、漫画やアニメDVDならフィギュア付きは別に珍しくないですが、東方でこういうのをするのって珍しいですね。
フィギュアは、まだ製作途中みたいな写真しかないですが、あらたとしひら先生の丸っこい絵柄をよく再現できていると思います。

書店ではもう予約を受け付けているらしいけど、さすがにネットではまだ・・・ですよね?
フィギュアは・・・まぁ、絶対欲しい!というわけではないけど、どうせ買うのであれば限定版が欲しい。
フィギュアとはまた別に、とらのあなとかメロンブックスとかで特典とかあるんだろうなぁ。店舗で買って特典がもらえる人がうらやましい。通販だとそういう特典もらえないんだよね・・・。




↓本編の感想は下に。

うどんげっしょー感想(ネタバレあり!)
[PR]

by tohotoho2 | 2009-02-23 23:39 | 東方関連書籍

緋想天のグレイズについて   

2009年 02月 22日

緋想天の話。

緋想天プレイの前に、萃夢想のイージーを霊夢でクリアしたことがあります。萃夢想のプレイ歴はその1回だけ。

緋想天のストーリーモードはイージーで全キャラクリアしています。
私、説明書をあまり詳しく読まなかったせいで、「前後ダッシュ&飛翔中は弾に当たらない(グレイズする)」ことを知らないでプレイしていました。
グレイズを知らないせいで苦戦することもよくあったり。
衣玖のスペカ棘符「雷雲棘魚」は衣玖が帯電状態でゆっくりこっちに向かってくる攻撃ですが、グレイズを知らない頃の私は
「できるだけ衣玖を引きつけて飛翔→できるだけ遠くに逃げる」
これの繰り返しで避けていました。グレイズを知った今なら「前ダッシュで突っ込む」という楽な対処法ができるわけですが、知らない頃はとにかくこのスペルが嫌いでした。衣玖は全キャラ、必ず対戦しないといけない相手ですし。

私は対戦格闘ゲームブーム直撃世代なので(スト2とか)、対戦格闘ゲーム自体はそこそこの経験がありますが、ゲージを使ったりとか、複雑になったシステムにはちょっとついていけていませんでした。
緋想天も、慣れた今となってはだいたいシステムは把握できますが、初めてやったときはやること多すぎてわけわからないぐらいでした。デッキ構築とか、普通の格闘ゲームにはないようなシステムもありますし。

あと私、緋想天プレイ時にはシューティングのほうの東方をほとんど未プレイ、ということもあり、「グレイズ」ということ自体知らなかったです。
ネットで東方関係を見ていると「グレイズ」という単語はよく見かけるのですが、それが何のことなのか知りませんでした。「弾をギリギリでかすめて避けること」と知ったのはかなり後になってからです。
そんなわけで、シューティングのほうの東方をやってないから「グレイズ」という概念を知らないわけで、緋想天にもグレイズなんてシステムが有るとは気づかないわけで・・・
んー、まあ、なんでも調べてよく知っておけ、という感じですね。

緋想天は対戦は1回もやったことないです。
ネット対戦は憧れるなぁ・・・。自宅にいながら、見知らぬ他人とネットを介して対戦できる、なんて今のネット環境は、対戦といえばゲーセンに行ったり友達と集まったりするしかなかった対戦格闘ゲーム黎明期から知っている自分にとっては夢のような環境ですよ。
ならやってみればいいじゃないか、ということなのですが、緋想天はイージーでストーリーモードをクリアして以来、全然やってないからなぁ・・・。
せめてそこそこのレベルでないと、対戦してくれる相手の人にも申し訳ない気が。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-02-22 22:57

東方三月精第2巻   

2009年 02月 21日

東方三月精 〜 Strange and Bright Nature Deity.
第2巻
比良坂真琴


c0145162_19545250.jpg


c0145162_19551510.jpg


東方三月精第2巻、本日ようやく届きました。
amazonで予約していたので、特典とかは無し。


付録の音楽CDは4曲収録、と帯に書いてあります。
おお!4曲!多い!今までの三月精や儚月抄が3曲収録だったから、今までより1曲多い!ZUN氏頑張ってるなーと思ったら・・・
4曲のうちの3曲は過去曲の再録でした(汗)。
再録とはいえ、ZUN氏のコメント曰く「ちょっとバランスを調整」しているらしいから、完全に同じ曲、というわけではないみたいだけど。

サニールチルフレクション
夜だから眠れない
妖精燦々として


再録は上記の3曲。旧三月精の付録CDの曲ですね。旧三月精は現在絶版なので、今回の再録は旧三月精を持っていない人のためのようですね。

そして今回の新曲のタイトルは「可愛い大戦争のリフレーン」。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおお
すごく良いですやんこれ!!!!!????
開始10~20秒ぐらいで気に入ってしまいましたよ!!??
出だしが終わると早くもサビ。このサビのメロディがめちゃくちゃ良くて気に入った!!
正直、三月精や儚月抄など、書籍系の音楽は繰り返して聴いたりするほど気に入っている曲はありませんでした。儚月抄の曲とか、儚月抄が好きだから思い入れはあるけど、曲自体はまぁ、うーん、それなり。だったりしていました。

しかしこの「可愛い大戦争のリフレーン」はかなりヒットですよ!!
びっくり。こんないい曲に出会えるとは。
ZUN氏のコメントにあるように、完全に道中曲っぽい曲ですね。
さらにZUN氏のコメントには、妖精が戦争を仕掛けている、あるいは平和に宴会をしている、どちらともとれるように作曲した、と書いています。私は、雄大さの中に勇ましさもあるっぽく感じたので、戦いのテーマ=妖精たちの戦争がイメージに近いかなーという気がしました。

「これから出発だよ!」という感じの、タメの部分の出だし。静かに盛り上がっていく感じがよいです。
その後は明るく、軽快に。大草原を疾走しているような、広がりとスピード感を感じます。うおー、いいなぁ。これはほんとにゲーム中の道中曲として聞いてみたい。
他にゲームじゃない曲で、ゲーム中に聞いてみたいと思ったのは秘封の「車椅子の未来宇宙」ぐらいですねー。


三月精2巻買ったのはあくまで中身の漫画がメインで、音楽CDについては特に期待もなにもしていなかったので、これはよい意味で衝撃を受けました。うん、しばらくこればっかり聞いていたい。


しかし、三月精の曲は音が綺麗でいいなぁ。なんで儚月抄は、旧作のような一昔前みたいな音なのでしょうか。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-02-21 19:56

東方連奏曲 Pianoforte   

2009年 02月 20日

ニコニコ動画の紹介。



東方連奏曲 Pianoforte


東方連奏曲 II Pianoforte

んー、素直に良い曲だなーとは思うのだけど、動画内のコメントにあるように手放しで大絶賛するほど凄くいい曲、という気があまりしない。
私の、皆が絶賛するものは反発したくなる天の邪鬼なところが原因かもしれないですが(汗)。
あと、こういうピアノアレンジのような、どちらかというと静かな曲はあまり好きじゃないと私の好みもあるかもしれない。


それはさておき、この東方連奏曲の作者さんは「しらは」さん。


[Shiraha.Zip]

HPはこちら。

しらはさんはニコ動で東方アレンジ曲動画を投稿されているだけでなく、クーリエの東方創想話に東方小説も投稿されています。
ちなみに創想話のほうでは「MS***」というお名前で投稿されています。ニコ動と創想話では名前が違うので注意。
私はしらはさんを創想話のほうで知ったので、ニコ動でランキングの1位とったりする動画の作者さんもしらはさん、だと知ったときはかなり驚きました。
文章書くのもレベル高くて、音楽のほうも知識・実力共にあるなんて凄すぎじゃないですか!!

しらはさんの東方小説は創想話に行っても読めますが、しらはさんのHPにも載っています。探す手間がないぶん、しらはさんのHPで読んだほうが楽かもですね。

飴売り神社とかわいそうな話
しあわせいなば
三時のおやつコンサート


私はこの3つの話が好きですね。
特にしあわせいなばと三時のおやつコンサートが好きです。
というのも、扱っているカップリングがかなり珍しい組み合わせ。

しあわせいなばは鈴仙と輝夜、
三時のおやつコンサートは霊夢とルナサをメインに書いています。

両方とも、あまり見ない組み合わせですよね。
鈴仙と輝夜は、永遠亭メンバーとして、二次創作でよく一緒に居ることは多いのですが、「鈴仙と輝夜2人だけしかいない状況で、2人が面と向かって話している」というシチュエーションってなかなか無いと思います。
カップリングが珍しい、という理由だけで気に入っているわけではなくて、あと描写がすごく丁寧。あと、文章が凄く読みやすい。なめらかというか、読んでいて全然ストレスにならない。

とにかくしらはさんの作品が好きで、一時期は創想話でしらはさん(MS***)さんの新作をみかけたら必ず読む、ということをしていました。
文章がすごくレベル高いのは、ご本人が凄く本読んでる、という部分が大きい気がします。しらはさんのHPにある、しらはさんのブログを読むと、しらはさんがどれだけたくさん、じっくり本を読んでいるかが分かります。





私ももっと本を読むべきだなぁ・・・。
[PR]

by tohotoho2 | 2009-02-20 03:37 | 東方動画

神綺とアリス・マーガトロイドの母娘入れ替わり   

2009年 02月 19日

神綺とアリス・マーガトロイドの母娘入れ替わり





幻想郷とはまた違う別世界、魔界。
その魔界を統べる創造神・神綺(しんき)。
彼女は魔界に存在するありとあらゆるものを作り出していた。

今は幻想郷内にある魔法の森に住んでいるアリス・マーガトロイドも、神綺が作り出した存在のひとつだ。
神綺とアリスの関係は、母と娘の関係に近い…というか、二人は完全に母娘(おやこ)である。
神綺はアリスを自分の娘として愛情を注いでいるし、アリスもまた神綺のことを思っている。

しかし、神綺の愛情は少し行き過ぎているとこもあった。
魔界の頂点に立つ神綺は、めったに魔界を離れるわけにはいかないことになっているのだが、それでも神綺はアリス会いたさのために何度も幻想郷を訪れていた。

前回、神綺が幻想郷のアリスを訪問してから1ヶ月。
娘のアリスに会いたくてたまらない神綺は、自分の娘でもあり自分に仕えるメイドでもある夢子の目を盗み、またもや行動を起こした。





「というわけでアリスちゃん、会いに来たわよ!」

自宅の玄関を開けたアリスは、鮮やかな真っ赤な衣装と特徴のある髪型の自分の母親の姿を見て、驚きの声をあげた。

「お、お母さん!?」
「アリスちゃん、元気にしてた?病気とかしてない?」
「ちょ、ちょっとお母さん、来るの早すぎない?この前、お母さんが魔界に帰ってからまだ1ヶ月しか経ってないわよ」
「もう一ヶ月、よ。お母さん、アリスちゃんに会いたくて、夜も眠れないほどだったのよ。ああっ、アリスちゃん、会いたかったわ」
「きゃっ」

そう言うと神綺は自分とほぼ同じ背丈のアリスをぎゅっと抱きしめる。

「アリスちゃん、大きくなったわね。背なんか、もうほとんど私と変わらないぐらい」
「もう、いつまでも子供扱いしないでってば。こんなとこ、誰か知り合いに見られたら何言われるか…」
「アリスちゃ~ん、そんな、冷たい…私は、アリスちゃんを愛しているだけなのに」
「ああもう、それは分かったから、ちょっと離れて…」
[PR]

by tohotoho2 | 2009-02-19 23:51 | 東方入れ替わり小説